1. トップ
  2. ハニーマザージャーナル
  3. NZだより “ビーガン料理編”

5058

NZだより “ビーガン料理編”

2019.10.25

ニュージーランド便り

 “Green Dinner Table”

は植物性のミールキット宅配サービス。

 

20191025vegan4

20191025vegan1

普段肉食の私達もこれからもっと野菜を使った料理を取り入れて
いきたいなと思い、今回ビーガン料理にチャレンジ。

 

「Jackfruit Souvlaki with tzatziki, beetroot and roast potatoes」

20191025vegan2

NZではスブラキと言うとピタパンにレタス、トマトなどの野菜と
チキンやラム、牛肉、ファラフェル(豆のコロッケ)のいずれかを
乗せてコーン状に巻いたものをいいます。

Green Dinner Tableのスブラキはビーガン仕様なためヨーグルト
では無くココナッツ風味のザジキソース。
メイン食材もファラフェルでは無くジャックフルーツが使われて
いたのも興味深くて。

 

 

「Thai tofu salad with chili lime dressing and Jasmine rice」

 20191025vegan3

私達が特に気に入ったのが、揚げ焼きにした豆腐と茹でたブロッコ
リー、その他生の野菜をチリライムドレッシングで和えたタイ風豆
腐サラダ。

普段、スーパーのビーガン売場で目にしていたNZ産の”TOFU”を今回
初めて試したのですが、やはり日本の豆腐とは別物でギュッ!と詰ま
った感じの食感。

アジアンスーパーに行くと日本の豆腐に近いものが手に入りますが、
ビーガン料理には型崩れしにくい”TOFU”の方が適していそうでした。

 

普段使い慣れていない食材も試す事が出来て、今まであまり馴染みの
無かったビーガン料理を知る良いきっかけとなりました。

 

NZだより、次回はファーマーズマーケットについてお届けします。

apge top