お米のめんで作る『あんかけ焼きそば』の作り方 | ハニーマザー
  1. トップ
  2. ハニーマザージャーナル
  3. キッチンのヒント集
  4. お米のめんで作る『あんかけ焼きそば』の作り方

キッチンのヒント集

お米のめんで作る『あんかけ焼きそば』の作り方

15061

皆さんはあんかけ焼きそばにどんな具材を入れますか?
野菜やお肉、魚介類など、一度に色々な食材を摂取できるのが嬉しいですよね。
今回は出汁から植物性を使用し、ヴィーガン仕様のあんかけ焼きそばを作ってみました。

野菜だけだと少し物足りなさを感じる方もいるかと思いますが、味の決め手は即席の香味油。
きのこやねぎの旨みを油にしっかりと移すことでコクが生まれ、野菜だけでも満足感のある一品に仕上がります。

カリッともちもちに仕上げたお米のめんとも相性抜群です。

『あんかけ焼きそば』の作り方

【材料】(1人前)
– 麺 –
・お米のめん(玄米)…1袋
・ごま油…………………小さじ1

– 具材 –
・舞茸……………………50g
・長ねぎ…………………25g(約1/4 本)
・ちんげん菜……………50g (約1/4 株)
・にんじん……………….20g
・油あげ………………….1/2枚
・塩……………………….ひとつまみ
・米油…………………….大さじ1

– あんかけのもと –
・昆布だし…………………100ml(顆粒のだしでも可)
※今回は200mlの水に5×10cmの昆布を入れ一晩水出しにしたものを使用。顆粒の場合はリケンの昆布だし(100mlの水に小さじ1を溶かして使用)がおすすめです。
・薄口醤油…………………大さじ1
・みりん………………….…大さじ1
・片栗粉…………………….小さじ1〜2(ゆるめ〜しっかりめ)

【作り方】
下準備:昆布だしを用意しておきます。
①麺を用意します。お米のめんをたっぷりと沸かしたお湯で2分茹でて水を切り、フライパンに移します。

②ごま油を加えて麺全体に絡めたら中火で加熱し、両面に焼き色がついたらお皿に移します。

今回はお米のめん玄米タイプを使用しました。

③あんかけを作ります。長ねぎはみじん切り、舞茸は細かく割いてフライパンに入れ、米油と塩を加えて軽く混ぜ合わせ、弱火で10分程じっくりと火を通します。

入れた直後。ゆっくりと火を通すことで長ねぎと舞茸の香りを米油に移します。
ほんのりと焼き色がつき、いい香りがしてくるまでじっくりと火を通します。

④その間に残りの具材とあんかけのもとを準備します。ちんげん菜は葉と茎に分けてそれぞれ一口大に切り、にんじんは短冊切り、油あげは8等分に切ります。あんかけのもとの材料は片栗粉が溶けるまでよく混ぜ合わせておきます。

⑤③の舞茸と長ねぎがほんのりと色づいてきたら④の具材を加えて中火で炒めます。

⑥全ての具材に火が通ったら④のあんかけのもとを加えてヘラで素早く混ぜ合わせ、とろみが出てきたら30秒程沸騰させてから②にかけて完成です。

あんの強さはお好みで片栗粉の量を調節してください。

今回はお肉の代わりに油あげを入れてみましたが、旨みたっぷりの出汁を吸っていて絶品でした♪
お米のめんはカリッとした部分ともちもちの部分があり、一皿で違った美味しさが楽しめます。
ぜひ熱々のうちにお召し上がりください(^^)

この記事で紹介されている商品

この記事を書いた人

田中莉子

田中莉子

オーストラリアの大学で栄養学を学び、卒業後は野菜ソムリエの資格も活かしレシピ開発やライフスタイルコーチを経験。
ヴィーガン料理を作ることと食べることが好きで、菜食の楽しさを広めるためHarapeco Veganとしてインスタグラムでヴィーガンレシピを発信中。

apge top