ニュージーランド便り

シャンプーバー

12466

日本のみなさん、こんにちは!

冬のニュージーランドからケインです。

ニュージーランドの夏は乾燥していて比較的過ごしやすいのですが、日本で経験した夏は湿度が高く、日本人がお風呂を大切にする文化があるということに納得したのを覚えています。

数年前からニュージーランドでは石鹸ブームが来ていて、シャンプーバーという固形石鹸のブランドが有名です。

ニュージーランドが発祥の地「シャンプーバー」

液体シャンプーは成分を安定させるために、不要な成分をいれる必要があり、頭皮にも良くないと聞きます。

また環境にも負荷がかかるため、特に水を大切にしているニュージーランド人にはこの商品がすっとなじみました。

最近エコ雑貨を取り扱うお店でよく見かける様になったのでとうとう私も液体シャンプーから固形へと移行してみました。

スーパーで小さいボトルの液体シャンプーが大体$10以下で売られているのに対し、シャンプーバーは$20 前後とやや割高に感じるが、毎回使用後にきっちり乾かして保存すればかなり長持ちするので試してみる価値あり。

私はここ1ヶ月の間に2種類のシャンプーバーを試していますが、より自然な成分で作られているものほど根本に油っぽさが残る洗い心地。しかし、dirty hippie のパッケージに薦められている*アップルサイダービネガーリンスをシャンプー後にスプレーして洗い流すと油っぽさも抑えられるので今ではそんなに気にならない。

市販のシャンプーを使っている時の洗浄力やツルツル、サラサラな仕上がりは得られないが、シャンプー バーを使い出してから髪に自然なしなやかさとまとまりを感じるようになったので個人的に気に入っていて今後も続けて使ってみようと思う。

*アップルサイダービネガーリンス
水とアップルサイダービネガーを3:1に合わせ好みでエッセンシャルオイルを数滴混ぜたもの


また、今まで毎日髪を洗うのが当たり前と思って過ごしてきたが、出掛ける予定が無い日や、あまり汗をかいてない日などはドライシャンプーに切り替える事によりもうちょっとお水を大切にできればと思う。

水を使わないドライシャンプー

この夏、ハニーマザーでリニューアルしたマヌカ石鹸

この石鹸で洗顔やシャンプー・トリートメント・ボディーソープの用途がまとめてできて、バスタイムがすっきりとしストレスがなさそうです。

何よりいろいろと揃える必要がなく、ごみも減り環境にも優しいところがいいですね。

この夏リニューアル販売したハニーマザーの石鹸

この記事で紹介されている商品

この記事を書いた人

ケイン・フィーバー

ケイン・フィーバー

10年間の日本滞在を経て、2011年より故郷ニュージーランドに戻りコマーシャルフォトグラファーとして活動開始。ネコと一緒の映画鑑賞が趣味。不定期に定期にニュージーランドライフをお届けします。ケインの写真活動はこちら。https://www.kanefeaver.co.nz/

apge top