お母さんの気持ちで届けたい
  1. トップ
  2. マヌカハニーと除草剤グリホサートを含む 農薬に関する一部報道について

マヌカハニーと除草剤グリホサートを含む 農薬に関する一部報道について

2020.08.17

いつもハニーマザーをご愛顧下さいまして誠にありがとうございます。

 

コロナウイルスによりご不安な日々をお過ごしの中、当社のマヌカハニーと共にお過ごしいただき心よりお礼を申し上げます。

 

8月16日Yahoo!ニュースに掲載された「発がん性が懸念される農薬の検出について」の下記記事を理由に、お客様よりご不安を抱いた問い合わせが集中しております。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6368463

 

 

以下、私たちハニーマザーの品質管理と安全対策について改めてご案内いたします。ご一読の上、お客様におかれましては、今後も引き続き安心してハニーマザーの商品をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

私たちハニーマザーの「はちみつ」は残留農薬が無いことを確認しています。

 

株式会社ハニーマザーではニュージーランドのはちみつを輸入する際に、以前より下記を実施しています。

 

1.ニュージーランドから商品輸出の際に「残留農薬の検査」を毎回実施

ニュージーランドから、はちみつが輸出される際、毎回実施している検査項目には「 除草剤グリホサートの成分 」も含みます。この検査の結果として、写真①のとおり、「残留農薬検出なし」が証明されています。

 

写真ではグリホサート成分が限界検出値(0.010mg/kg)以下であるため、不検出を証明しています。

※写真をクリックすると別画面でPDFがご覧いただけます。

 

写真① NZ残留農薬検査結果

 

 


2. 日本での商品受け入れ時にも「農薬及びそれに該当する残留物検査」を抜き打ち実施

さらに日本国内においても、不定期ではありますが写真②のとおり「農薬及びそれに該当する残留物検査」が行われており、「残留農薬検出なし」が証明されています。

 

写真② 日本での残留農薬検査結果1

 

また私たち株式会社ハニーマザーはニュージーランドに現地法人を持ち、日本の会社では珍しいUMF協会のライセンスも取得しております。

 

 

UMF協会とはニュージーランドのマヌカハニーのレベルを保証する、唯一の第三者機関です。

 

UMF表記はマヌカハニーの成分や特性を測る基準として設けているもので、商品のラベルや広告等でUMF基準の表記ができるのは、商品の品質管理において一定の条件を満たすライセンスユーザーに限られています。

ライセンス取得にはニュージーランドでの現地法人登記が必要になります。

 

 

抗生物質不使用のはちみつ

また世界的に言えば常識となっている「みつばちへの抗生物質投与」について、ニュージーランドは厳しい基準を設け、使用を禁止しております。

これにより抗生物質の投与の心配がない品質のはちみつを、みなさまにお届けすることを実現しています。

 

  

ハニーマザーのマヌカハニーは他の花蜜が混じらない「モノフローラル」のマヌカハニーです

マヌカハニー以外の花蜜が含まれている「マルチフローラルマヌカハニー」又は「ブレンドマヌカハニー」と違い、ハニーマザーで扱っている

「モノフローラルマヌカハニー」はマヌカ蜜の含有量が高く、自然純度も高い高品質なマヌカハニーです。

今回の記事に見られたように

グリホサートが検出された製品は、マヌカの花蜜に他の草花の花蜜が一定量混入した「マルチフローラル」と呼ばれるブレンド品に多かった 。※記事より引用

という点からも、より安全性の高いマヌカハニーに分類されます。

 

 

 

 

天然を扱うということ

天然・純粋という商品を扱うことは、作り手の大部分が自然に委ねられることを意味します。また生産環境は生産者のモラルに起因することでもあります。

その点において、私たちは皆さまが安心してお召し上がりいただけるよう、農薬残留検査・UMF証明書などの客観的なデーターをもって、天然の商品をお届けしています。

また現地生産に携わるパートナーと密にコミニケーションを取ることで、品質を保つ努力につながると信じています。

  

 

株式会社ハニーマザーは、今後も皆様が安心してお召し上がり(お使い)いただけるモノをお届けできるよう、 最大限の企業努力を続けてまいります。

 

 

 

apge top