ハニーマザーアンテナ

山田錦と洋酒の出会い

11879

6月より新発売の「山田錦サブレ」

このサブレ、ただのサブレではございません。

酒米の代表、山田錦米を米粉にし無添加・グルテンフリーで焼いていて、原料の山田錦米も無農薬で育ててらっしゃる生産者さんから分けていただいており安全安心!

コロナ渦でお酒の販売が低迷し、酒米生産者さんたちの小さな手助けになるかもしれない?という日本の農業・酒米文化を考えるプロジェクトでもあります。

 

さて今回は以前ご紹介させていただきました、奈良県にひっそりと建つ隠れ家的なオーガニックワイン店「谷口ワイン店」のオーナー ソムリエ 谷口亜希子さんに、この山田錦サブレと、オーガニックワインを合わせていただきました。

サブレとして美味しいのは、もちろんですがお酒との相性も良い山田錦サブレ。

酒米からできてるからですかね~?

谷口ワイン店:谷口さん

この大きさと薄さ、
食感。ワインのお供に最高ですね。

そしてどれも重たくない。食べ疲れがなく、ナチュラルなマキコレワインにぴったりでした。

ワインを大きく選ばず、カジュアルに色々楽しめて、お家飲みにいつも置いて置きたいですね。
飲めない人と一緒でもでもこれなら素敵。


例えば子供さんがいても自然の甘みや味わいなので安心して共有できる。
こういうおつまみって探してもなかなか出会えない。

ピスタチオは
優しい泡や少し甘いイタリアのモスカートダスティもおすすめ。
このピスタチオの余韻を邪魔しない柔らかいものを合わせたいですね。

ターメリックは
コートデュローヌやカシールージュのような重すぎずエレガントさのある赤に。

黒胡椒は
スパイスの効いた赤、ブルゴーニュも合わせてみたい。

トマトも
軽い赤といいですね。健全で明るい果実味の南仏の赤ワインかな。

どのお味も泡とは絶対あいますね。クリーミーな泡やキリッとしたシャープな泡、シャンパーニュとも合わせてみたい。
上品で余韻のある、味わい深いおつまみサブレ、山田錦の地味深さかな?とっても美味しかったです。

ハニーマザー:西田

山田錦だけに、日本酒と合わせてもおもしろいかもしれませんねー

山田錦の酒米を使った米粉。色んなものがつながって、色んな人がつながっていく。そんな予感がしてたまりません!

近日には生産者さんの援農をするため、山田錦米発祥の地「多可町」を訪問させていただく予定で、また後日こちらで現地の様子などをお届けできたらなぁと思っています。

この記事で紹介されている商品

この記事を書いた人

西田智祐

西田智祐

株式会社ハニーマザー代表。東京のデザインホテルのバーで、バーテンダーとして修業後、独立を目指し神戸へ帰郷するも、創業者である母親の病をきっかけにハニーマザーに入社。その後ニュージーランドで語学・文化・蜂蜜について学ぶ。人と接することが好きで、お酒を交えての談笑は至福の時間(大人数は苦手)。休日は家族と過ごしたいが、ティーンの娘に疎まれることもしばしば。

apge top