ハニーマザーアンテナ

自然栽培いちごのゆくえ

11731

こんにちは!ハニーマザー代表の西田です。

数年前より取り掛かっている、ハニーマザー農園は、農薬や化学肥料を使わない小さな農園。去年からは牛糞や鶏糞などの有機肥料も使わない自然農法にほとんど移行しています。

2019年からチャレンジしていた、いちご栽培はハウスではなく、畑で栽培しているもの。森林のチップを畑に混ぜ、土の中に自然に菌根菌を増殖させ、土の力を最大限引き出して育てました。

1年目はほとんど収穫ができず、できても小さいつぶばかり・・・

今年結果が出せなければ、自然栽培いちごチャレンジの存続が危ぶまれていました。

そして迎えた2年目の今年は・・・

かごいっぱいに収穫できた自然農法のいちご

昨年と比べて何倍もの収穫量を得ることができました!

育つ力の多くを自然に任せるということは、大前提に結果を辛抱強く待つということが必要なのかもしれません。(子育てと一緒ですね~)

一年で結果がでなかった↓と落胆していた私は、時短や効率化に慣れ過ぎていたのかもしれません。

 

ハウスでなく、畑の土から直接育てたこのいちご。心なしかスーパーで見るような温室育ちとは違い、色が濃く力強い味がします。

またいちごは土につくことで実が劣化してしまうことがあるので、細かいなケアが必要ということも来年の課題として浮き彫りに。

畑の畝に成ったいちごたち

いちご栽培ステーションが地面につかないように設計されている意味が良く分かりました。

残念ながら全てが商品にできる品質ではなかったものの、一部の綺麗な実は、ハニーマザーキッチンの野菜ソムリエがコトコト煮て、ジェラートのソースに。

この記事を読んでいただいている方の中には、自然栽培の無農薬いちごが入ったジェラートを口にされたお客様もいらっしゃるかもしれません^^

季節限定いちごたっぷり、お米のジェラート

このお米のジェラート。文字通りお米が主原料となっている珍しいジェラートで、自然栽培された無農薬のお米を使っています。
お米のジェラート物語はこちら

自然な方法で栽培された農産物でできたこのジェラートは、身体に優しいのはもちろんですが、環境にも配慮されたサスティナブルジェラート!

本日6月25日からは、夏限定の「沖縄マンゴー&パイン」のフレーバーも新登場。

沖縄県は石垣島産のマンゴーとパイナップル、九州産のパッションフルーツを贅沢に使用し、外国産フルーツのようなポストハーベストの心配もありません。

ご自宅使用にも、夏のギフトとしても是非一度ご賞味下さいませ。

お米のジェラート、沖縄マンゴー&パイン

この記事で紹介されている商品

この記事を書いた人

西田智祐

西田智祐

株式会社ハニーマザー代表。東京のデザインホテルのバーで、バーテンダーとして修業後、独立を目指し神戸へ帰郷するも、創業者である母親の病をきっかけにハニーマザーに入社。その後ニュージーランドで語学・文化・蜂蜜について学ぶ。人と接することが好きで、お酒を交えての談笑は至福の時間(大人数は苦手)。休日は家族と過ごしたいが、ティーンの娘に疎まれることもしばしば。

apge top