キッチンのヒント集

美味しいサラダのひみつ

11546

こんにちは、ハニーマザーキッチンの西田晴美です。
みなさま、サラダはお好きですか??

今回の動画では、3つの素材で十分に美味しくなるサラダの紹介と、ちょっとしたコツで家のサラダがとーっても美味しくなる方法をご紹介しています。

私は、香草がたっぷり入った生野菜のサラダが大好きなのすが、サラダって色々な種類がありますよね。

*シーザーサラダ
*ポテトサラダ
*マカロニサラダ
*ツナサラダ
*チョレギサラダ

パッと思いついただけでもこんなに!
そもそもサラダの定義って何でしょう??

サラダの語源は、ラテン語のサルsal(塩)からきています。
それに「加える」という意味の「add」を付け足して「salad」
昔の人が野菜に塩をふりかけて食べたのが現在のサラダの始まりであると言われています。

サラダ=塩をふりかける
なんですね!(一瞬でなんでもサラダになりますね~。最高。)

確かに、美味しいトマトに岩塩をぱらり、もう立派な一品です。茹でた枝豆に強めのお塩、も最高。
こう考えると、サラダって意外と毎日と食べているのかもしれませんね。

動画内でも3つの簡単な素材だけのシンプルサラダをご紹介しています

そんな種類の豊富なサラダの中でも、なかなか食卓で人気者になれないのが、生野菜のサラダ。

私も小さい時、レタス・きゅうり・トマトにマヨネーズがかかっているサラダがとっても苦手でした~。
水がしたたる超大きめカットの生野菜に、マヨがぐるり。以上!
これが夏はほぼ毎日出てくる・・・。

水っぽいサラダって、食べ進めるにつれて水っぽさが増していく。笑

そんな、脇役になりつつある「生野菜のサラダ」ですが、美味しく作るコツを知れば、味もビジュアルも劇的に変化します!!

まずは・・・・

とにかく、水切り!
これにつきます。サラダスピナーで水を、これでもか!というくらいしっかり切って下さい。
これだけで絶対に美味しくなります♪

これをしっかりやるだけで、劇的に美味しさが変わります

そして、レタスは手でちぎること。
一枚ずつ小さめ(私は、食卓を囲む人の中で一番小さい人の口の大きさに合わせます)にちぎっていくだけで、食べ易くなり、盛り付けた時の雰囲気も全然変わります。

葉野菜の大きさだけで、ビックリするくらい美味しさが増します

ベースの葉野菜が美味しく、美しい盛り付けてあれば、あとは何をのせても大丈夫!

*トマト
*豆
*茹でたアスパラやブロッコリー
*薄くスライスした大根
*スモークサーモン
*カリカリに焼いたベーコン
*ボイルしたシーフード
*スライスした茹で卵

アレンジは無限です♡

\おすすめの葉野菜/
◎サニーレタス(ポリフェノールもチャージできて、とってもお得)
◎春菊(ビタミンの宝庫、実は生の方がくせがなく食べやすい!)
◎ベビーリーフ(新芽は成長したものより栄養価が高い)
◎ルッコラ(ベーコンとの相性抜群)

みなさま、ぜひこれからの暑い季節。シャキッと冷えた美味しい生野菜のサラダ作ってみてくださいね!

美味しく食べて手軽に健康!

この記事で紹介されている商品

この記事を書いた人

西田晴美

西田晴美

山形の米農家に生まれ育ち、神戸から米粉で日本農業を応援する二児の母。長女の食物アレルギーをきっかけに、グルテンフリーやローフード、ベジタリアン料理の研究をはじめ、2014年には垣根のない食を提案する料理教室「ハニーマザーキッチン」を開設。
ハニーマザーキッチン主宰/野菜ソムリエプロ/ローフードマイスター/Neo ベジタリアン料理上級指導者

apge top